地域リーダー育成プログラムとは?

  いわて高等教育コンソーシアムでは、地域の中核を担う人材育成を、コンソーシアム設立の目的のひとつに位置づけています。コンソーシアムの各連携校の人材育成とは別に、コンソーシアムとして、構成校が連携して人材育成プロセスを具現化するのが「地域リーダー育成プログラム」です。

 

地域リーダー育成プログラム(平成27年度から実施): ダウンロード →「履修ガイド」 / 「申請書」

目 的  コンソーシアム連携校の教育研究を通じて、平泉や賢治に育まれた共生の思想(人と自然との共生、万物の共生)を尊び、地域全体を思いやるリーダーとして、コーディネート力を備え、多様な領域・局面で地域の中核を担う人材を育成します。
概 要

 いわて高等教育教育コンソーシアムの連携校(単位互換協定校)の学生を対象に、単位互換科目等のコア科目を修めれば「コア科目履修証」を発行し、さらに地域課題解決プロジェクトを遂行して審査に合格した学生には連携校の学長及び校長の連名による「地域を担う中核的人材認定証」を授与します。

プログラム内容

【コア科目】

 いわて高等教育コンソーシアムで指定している単位互換科目等で、地域課題や復興に関わる以下の5科目(各2単位)がコア科目です。ここから4科目8単位を修得してください。

     「いわて学」(前期・後期)、「地場産業・企業論 / 企業研究」、「グローカル基礎研修」(前期・後期)、

     「ボランティアとリーダーシップ」、「危機管理と復興」

 

【地域課題解決プロジェクト】

 以下の通りプロジェクトを遂行してください。

・いわて高等教育コンソーシアムで募集する地域課題解決プロジェクト(各連携校で募集するものを含む)から、一つのプロジェクトを選択し、やり遂げる。

・プロジェクトはグループ活動として複数の連携校にまたがる複数名で実施する。

・プロジェクトの実施に際し、担当教員を定め、担当教員の事前・事後指導を受ける。

プログラムの認定  コア科目を4科目8単位修得した学生には地域リーダー育成プログラムの「コア科目履修証」を発行しますので、各連携校の単位互換担当窓口で履修証の申請手続きを行ってください。

 

 コア科目を4科目8単位修得しかつ地域課題解決プロジェクトを遂行した学生には、審査の上、「地域を担う中核的人材認定証」を授与しますので、各連携校の単位互換担当窓口で認定証の申請手続きを行ってください。

 

プログラム受講上の注意

・このプログラムは平成27年度より実施しますが、コア科目については平成27年度以前に修得した単位も認めますので、それを含めて履修単位数を計算してください。

・プログラムの実施期間は特に定めません。コア科目の受講や課題解決プロジェクトへの応募については、連携校での掲示に注意してください。

・プログラム内容を満たした場合には、随時、履修証や認定証の手続きを行ってください。

ページの先頭へ